手続きを進める際の必要書類

カードローンの申込みはそれ程難しいものではなく、スムーズに手続きが進めばその日の内に完了します。必要な書類もそれ程多くはなく、本人確認書類があれば手続き可能です。カードローンは基本的に無担保で保証人不要なので、必要書類も最低限で済むのです。

 

本人確認書類として有効なのは免許証や日本国パスポートなどです。これらがない場合には、保険証や住基カードでも代用可能ですが、申込み先によっては住民票などの補助書類を求められる場合もあります。保険証や住基カードで申込む時には、補助書類について確認しておいた方が、スムーズに手続きができるでしょう。

 

ただし、例外として本人確認書類以外の提出を求められる場合があります。それが収入証明書です。消費者金融の場合、1社での借入希望額が50万円を超える場合、または他社含めた借入総額が100万円を超える場合には、収入証明書の提出が義務付けられています。

 

銀行のカードローンでも数百万円の借入れとなると、収入証明書の提出を求められる場合がります。直近の給与明細書や所得証明書、源泉徴収票などが必要となります。多額の借入れを希望する場合には、収入証明書についても確認しておいた方がよいでしょう。

 

大きな金額を借りないのであれば特に必要とはしない場合もありますが、例えば300万円まで収入証明書類の提出が原則不要となるオリックス銀行カードローンの申し込みにおいてはまとまった金額を借りる際に注意が必要となります。