審査で重要な在籍確認

カードローンの申込み時には審査があります。その人に返済能力があるかどうかを、家族構成や年収などの様々な項目から総合的に判断します。審査の内容は大きく2つに分けられます。

 

1つは返済能力の確認です。50万円の借入れをするのに年収400万円というのは妥当かどうか、勤続年数1年未満だが安定しているといえるかどうか、などなど、申告された内容によっていくらまでなら返済能力があるかを調べます。

 

審査では返済能力の確認だけでなくもう1つ、申告内容の信憑性も確認します。連絡先として登録されている住所や電話番号は正しいか、申告に合った職場に本当に在籍しているかという確認です。

 

特に在籍確認については、カードローン審査時には徹底して調べます。申告した会社に直接電話をして、在籍しているかどうかを直接確認する所が多いです。職場に電話がくるというと驚く人もいますが、クレジットカードなどの審査でも、職場への在籍確認の電話は普通に行われます。

 

また、どちらにせよローンやクレジット会社を名乗ってくるわけではなく、個人名でかけてきます。在籍確認の電話によって、カードローンの申込みがバレる可能性はほとんどありません。実際に電話に出られなくても会社の人から、本日は休みを頂いている、外出中、といった言質が取れれば、基本的には在籍しているとみなされます。

 

在籍確認は不安に感じる方も多い手続きとなりますが、消費者金融であれば何らかの対応によって確認の仕方を変えてくれる場合があります。不安な方は大手の消費者金融を利用するようにし、どのような在籍確認方法が可能かの確認をしておくと安心です。

 

消費者金融とは異なり銀行の場合には対応がどうしても堅苦しくなるので、ネットで来店不要の申し込みが行えるオリックス銀行カードローンにおいても在籍確認は必ず電話と決められており、利用者側の要望に関しては通らないのです。